Illustratorプラグインの使い方

⚠ プラグインのご利用前に、コーデンベルク対応フォントを1つ以上インストールしてください

 

  1. プラグインの起動・サインイン
  2. 可変領域の設定
    - テキスト
    - 画像
    - QRコード
  3. デザインテンプレートの登録
  4. 便利な使い方

1. プラグインの起動・サインイン

  1. Illustratorのメニュー「ウィンドウ」から「エクステンション」>「Codenberg.io」を選択してください。
    ※ Codenberg.io を表示しない場合は、プラグインがインストールされているか確認ください

  2. ご契約中のコーデンベルクのアカウント情報を入力しサインインしてください。

2. 可変領域の設定

可変テキスト

  1. プラグインパネルの 可変領域 > テキスト をクリックします。
  2. 「可変テキスト追加」をクリックするとアートボードにグレーのテキストボックスが表示されますので、任意の位置・サイズに変更して配置します。
  3. 名称は重複しないよう、わかりやすい名前を設定してください。和字/英字ともにご利用いただけます。
    想定される文字数が収まるよう余裕のあるサイズに設定しておきます。
  4. 文字設定やサイズ、回転などを設定します。
    文字色はIllustratorのカラー設定で変更してください。

⚠ 可変テキストの設定ポイント

可変テキストで使用できるフォントは「コーデンベルク対応フォント」からご確認いただけます

可変テキストの幅と高さ(W.H値)は、最大/最小の文字数を考慮し設定してください。
設定サイズによっては入稿テキストの文字数により領域から文字があふれてしまうことがあります。あふれた文字は設定した幅で自動的に折り返されるため、その下にあるデザイン要素などに文字がかぶることがありますのでご注意ください

可変画像

  1. プラグインパネルの 可変領域 > 画像 をクリックします。
  2. 「可変画像追加」をクリックするとアートボードにブルーのボックスが表示されますので、任意の位置・サイズに変更して配置します。
    想定される画像と同じアスペクト比(縦横比)に設定しておきます。
  3. 名称は重複しないよう、わかりやすい名前を設定してください。和字/英字ともにご利用いただけます。
  4. サイズ、回転などを設定します。

⚠ 可変画像の設定ポイント

可変画像の幅と高さ(W.H値)は、素材画像と同じアスペクト比で設定してください。可変画像の設定サイズと素材画像のアスペクト比が違う場合、素材画像は自動的に縮小されたうえで印刷データへ配置されますのでご注意ください

可変QRコード

  1. プラグインパネルの 可変領域 > 画像 をクリックします。
  2. 「可変画像追加」をクリックするとアートボードにブルーのボックスが表示されますので、任意の位置・サイズに変更して配置します(正方形で設定してください)。
  3. 名称は「#QR」から始まる 重複しないわかりやすい名前を設定してください。
    「#QR-セール詳細」「#QR-顧客番号」などわかりやすい名称にしておくことをおすすめします。「#QR」は必ず半角英数字、大文字で入力してください。

⚠ QRコード設定の注意点

QRコードの背景は白色になります

QRコードの設定サイズは、10 mm x 10 mm 以上を推奨します

半角英数は213文字、日本語は71文字までを(最大バイト数213)QRコードに変換します
最大文字数を越えた値を設定すると、注文エラーとなりますのでご注意ください

QR画像のサイズは指定されたサイズ内に、上下左右に4セル分の余白を確保します

QR画像の表示サイズイメージ

※ コーデンベルクのQRコードは バージョン1〜10/誤り訂正レベルMとなっております  参考サイト「QRコードの情報量とバージョン

3. デザインテンプレートの登録

  1. プラグインパネルの テンプレート をクリックすると、コーデンベルクに登録されているテンプレートが表示されます
  2. 「新規登録」をクリックするとテンプレートが新規登録されます。
  3. 「差し替える」をクリックすると選択したテンプレートを現在のデザインに差し替えます。

4. 便利な使い方

Illustratorプラグインを使った、より便利な可変領域の作り方をご紹介します。

可変領域の背景色の表示/非表示

Illustratorプラグインは、通常のデザイン要素と可変領域を区別するために背景色を付けていますが、背景色を非表示に変更することができます。

可変領域のコピー&ペースト

通常、可変領域は「可変テキスト追加」もしくは「可変画像追加」ボタンをクリックして追加しますが、コピー&ペーストで複製することも可能です。コピー&ペーストした場合は可変名称もコピーされるため適宜編集してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています