デザイン制作時の注意点について

テンプレートについて

  • コーデンベルクにはあらかじめ印刷仕様に応じた専用のテンプレート(AIデータ)が用意されています。デザイン制作の際には必ず専用テンプレートをご利用ください。

  • テンプレート内には、あらかじめ「ガイド」「制作レイヤー」の2つのレイヤーが用意されています。
    • キャラメル箱など、形状が複雑なものに関しては「仕上がり線」などレイヤーも含みます。

  • デザインは「制作レイヤー」に含めてください。また新規にレイヤーを追加いただいても問題ありません。

  • 「ガイド」レイヤーの変更・削除はしないでください。正しく印刷されない場合があります。

  

 

デザイン制作時の注意点

  • デザインデータ作成アプリケーション
    テンプレートはAdobe® Illustrator CS4 以上で作成してください。

  • カラープロファイル設定
    当サービスでは、カラープロファイル設定を「Japan Color 2011 Coated / Japan Color 2001 Coated」で作成されたPDFファイルを受け付けております。ほかのプロファイルを用いて作成されたデータについては、色彩の再現性において保障しておりません。

  • トラッピング設定
    当サービスでは、デジタルオフセット方式を用いて印刷するため、一般的なオフセット機による印刷とは異なり、大幅な版ずれや見当ずれが起きることはありません。しかし異なる色同士が隣接するようなデザインの場合はトラッピングの設定をすることをおすすめします。

  • オーバープリント設定
    文字などの面積の狭い部分に対しては、オーバープリントの指定は必要ありませんえてオーバープリントを指定する場合は、リッチブラック(C:60%, M:40%, Y:40%, K:100%)を指定するようにお願いします。

  • 画像素材の解像度
    画像素材(写真やイラストなど)の解像度は、300-350dpiを推奨しております

  • 断裁ズレへの配慮
    カットラインの外側に3mmの塗り足しを加えてデザインを作成してください。また、カットライン内側2mmの範囲は、文字情報(電話番号やURL、値段などのカットされたくない情報)を配置しないようにご注意ください。
 

 

カラープロファイルの設定

コーデンベルクご利用時のカラープロファイル設定について説明します。
 
①Adobe®Bridge®CCを開き、メニューから「編集」→「カラー設定」を開きます。
 
180730.png
 
 
②「一般用-日本3」を選択し、「適用」をクリックします。

180730-2.png
 
 
 
これでAdobe®Illustratorを含むCreatieve Cloudのアプリケーションは全てカラー設定が同期されました。
以上の操作でカラープロファイル設定は完了です。

 

Adobe® Illustratorファイル保存の注意点

Adobe® Illustratorファイルを保存する際は、必ず「ICCプロファイルを埋め込む」にチェックが入っていることを確認してください。チェックが外れた状態で保存されたAdobe® Illustratorファイルから作成したPDFは、テンプレートとして登録できませんのでご注意ください。
 
 

 

 

テンプレートPDFの保存

作成したデザインは、テンプレートとしてPDF形式で保存します。詳しくは「テンプレートPDFの保存方法について」をご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています