Illustratorプラグインに関するご質問

対応環境を教えてください。
Illustratorプラグイン v1.2.0 は以下の環境に対応しています。

Illustrator CC 2017 / Illustrator CC 2018
Mac OS: Illustrator CCの動作環境に準拠
Window: Illustrator CCの動作環境に準拠


プラグインが起動しません。

1.「Codenberg.ioで利用可能なフォーマットではありません。管理ツールよりフォーマットをダウンロードしてください。」と表示される場合


コーデンベルクで公開しているテンプレートではない場合、上記のメッセージが表示されます。ユーザー管理画面”プロダクト”よりテンプレートをダウンロードしてください。

2. 古いバージョンのIllustratorをご利用の場合

コーデンベルクのプラグインは現在、Illustrator CC 2017 以上 でご利用いただけます。古いバージョンをご利用の場合は、CC 2017 もしくは CC 2018 へのアップデートをお願いします。



プラグインでの操作について

カーニングや平体、長体など、Illustratorの機能は使えますか。

現在可変テキストに利用できるの機能は、Illustratorプラグインに表示されているもののみとなります。

可変領域にマスクは利用できますか
可変領域(可変テキストおよび可変画像)へのマスクは対応しておりません。


可変領域をグループ化したら、可変領域の設定ができなくなりました。
可変領域のグループ化は対応しておりません。

レイヤー「_Codenberg-layer_」の削除・変更はできますか。
レイヤー「_Codenberg-layer_」の削除・順序変更はしないでください。
 このレイヤーは常に最上と最下部に配置されますので、可変エリアはそのどちらかに配置してください。


可変画像にサンプル画像を設定する方法を教えてください。
申し訳ございません。現在のバージョンでは、Illustratorプラグインで可変画像のサンプルを設定する事ができません。順次開発を進めておりますので、次期バージョンをお待ちください。




プラグインでのテンプレート登録について

プラグインから登録したテンプレートを管理画面で確認すると、設定したものと違うデザインになっています。

1. 作成したデザインが消えてしまった。

レイヤー「_Condeberg−layer_」にデザイン要素が配置されていませんか?可変エリア以外の要素がこのレイヤーに配置されていると、テンプレート登録の際に反映されません。
可変エリア以外の要素は「制作レイヤー」上に配置して、再度登録をしてください。

2. 可変テキストの表示がプラグインで設定したものと異なる。


コーデンベルクプラグインで対応していないIllustratorの機能が可変テキストに使用されている場合があります。プラグインパネルより、対応している機能を選んで、再度登録をしてください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています