可変領域の設定(ウェブ画面)

ログイン後「テンプレート」>「テンプレート詳細」ページの「可変領域の編集」ボタンをクリックし、可変領域の編集ページから設定を行います。

  1. 可変テキストの設定
  2. 可変画像の設定
  3. 可変QRコードの設定
  4. 宛名領域の設定

1. 可変テキストの設定

  1. 操作パネルの「テキストアイコン」をクリックします。
  2. プレビューエリアにグレーのテキストボックスが表示されますので、任意の位置・サイズに変更して配置します。
  3. 名称は重複しないよう、わかりやすい名前を設定してください。和字/英字ともにご利用いただけます。想定される文字数が収まるよう余裕のあるサイズに設定しておきます。
  4. 文字設定やサイズ、回転などを設定します。

⚠ 可変テキストの設定ポイント

可変テキストで使用できるフォントは「コーデンベルク対応フォント」からご確認いただけます

可変テキストの幅と高さ(W.H値)は、最大/最小の文字数を考慮し設定してください。
設定サイズによっては入稿テキストの文字数により領域から文字があふれてしまうことがあります。あふれた文字は設定した幅で自動的に折り返されるため、その下にあるデザイン要素などに文字がかぶることがありますのでご注意ください

可変領域の位置(X.Y値)の指定は、Illustrator上で確認できるXY値よりぞれぞれ+3mmした値を設定してください(塗り足し分を含んだ状態での指定になるため)。 例えば、Illustratorで X=15mm Y=8mm 設定のオブジェクトは、コーデンベルクのウェブ画面では X=18mm Y=11mm として設定してください

2. 可変画像の設定

  1. 操作パネルの「画像アイコン」をクリックします。
  2. プレビューエリアにブルーのボックスが表示されますので、任意の位置・サイズに変更して配置します。
    想定される画像と同じアスペクト比(縦横比)に設定しておきます。
  3. 名称は重複しないよう、わかりやすい名前を設定してください。和字/英字ともにご利用いただけます。
  4. サイズ、回転などを設定します。

⚠ 可変画像の設定ポイント

可変画像の幅と高さ(W.H値)は、素材画像と同じアスペクト比で設定してください。可変画像の設定サイズと素材画像のアスペクト比が違う場合、素材画像は自動的に縮小されたうえで印刷データへ配置されますのでご注意ください

Illustrator上で確認できるXY値を元にウェブ画面で可変領域の位置(X.Y値)設定を行うには、Illustrator上で確認できるXY値よりぞれぞれ+3mmした値を設定してください(塗り足し分を含んだ状態での指定になるため)。 例えば、Illustratorで X=15mm Y=8mm 設定のオブジェクトは、コーデンベルクのウェブ画面では X=18mm Y=11mm として設定してください

3. 可変QRコードの設定

  1. 操作パネルの「画像アイコン」をクリックします。
  2. プレビューエリアににブルーのボックスが表示されますので、任意の位置・サイズに変更して配置します(正方形で設定してください)。
  3. 名称は「#QR」から始まる 重複しないわかりやすい名前を設定してください。
    「#QR-セール詳細」「#QR-顧客番号」などわかりやすい名称にしておくことをおすすめします。「#QR」は必ず半角英数字、大文字で入力してください。

⚠ QRコード設定の注意点

QRコードの背景は白色になります

QRコードの設定サイズは、10 mm x 10 mm 以上を推奨します

半角英数は213文字、日本語は71文字までを(最大バイト数213)QRコードに変換します
最大文字数を越えた値を設定すると、注文エラーとなりますのでご注意ください

QR画像のサイズは指定されたサイズ内に、上下左右に4セル分の余白を確保します

QR画像の表示サイズイメージ

※ コーデンベルクのQRコードはバージョン1〜10/誤り訂正レベルMとなっております  参考サイト「QRコードの情報量とバージョン

4. 宛名領域の設定

DM商品は宛名設定が必須となっております。
宛名の印字イメージは、プロダクトAI内のレイヤー「宛名部分イメージ」でご確認いただけます。

  1. サポートにて設定対応しておりますのでお問い合わせください。
    設定完了後、サポートよりお客さまの登録メールアドレス宛に入稿用CSVの雛形(マニュアル印刷で必要な場合のみ)のお渡しとあわせてご連絡いたします。
    ※宛名設定の自動化は順次開発予定

関連記事

宛名領域のデータ仕様について

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています