1-1. セットアップ:デザイナー編

本ガイドでは Illustratorプラグインからセットアップを行う方法をご案内いたします
プラグインを使用せずウェブ画面からセットアップを行う手順もございます  - 詳細はこちら

テンプレート・素材の準備

印刷物のデザインテンプレートを制作し、コーデンベルクに登録いただくまでの流れをご案内します。

  1. Illustratorプラグインのインストール
  2. 対応フォントのインストール
  3. プロダクトAI(Illustrator形式)のダウンロード
  4. デザインテンプレートの制作
  5. 可変領域の設定
  6. デザインテンプレートのアップロード
  7. 仕上がりイメージの確認
  8. 可変領域で使用する画像素材の事前登録(必要な場合のみ)

1. Illustratorプラグインのインストール

コーデンベルクのIllustratorプラグインをご自身の環境にインストールしてください。

- 詳細はこちら

2. 対応フォントのインストール

Illustratorプラグインのご利用には、あらかじめ1つ以上のコーデンベルク対応フォントが必要となりますのでインストールしてください。

- 詳細はこちら

3. プロダクトAI(Illustrator形式)のダウンロード

制作物に適したプロダクトを選定し、デザイン元となるIllustrator形式のプロダクトAIを入手します。

  1. ログイン後、「プロダクト」ページへ移動します。
  2. 対象となるプロダクトのリスト右側にある「…」をクリックしプロダクトAIをダウンロードします。

- 詳細はこちら

4. デザインテンプレートの制作

コーデンベルクでは、ベースデザイン(緑:注文を通して変わらない部分)と、可変領域(赤:1枚1枚内容を変える部分)に分けて設定を行います。デザインを企画する際、どの箇所をベースデザイン・可変領域として扱うのか予め決めておくことをおすすめします。

sample_template.png

ベースデザインはIllustratorにて制作します。

- 詳細はこちら

5. 可変領域の設定

Illustratorプラグインを利用して可変領域を設定していきます。
可変テキスト、可変画像、可変QRコードを設定することができます。

- 詳細はこちら

6. デザインテンプレートのアップロード

制作したテンプレートをコーデンベルクに登録します。

- 詳細はこちら

7. 仕上がりイメージの確認

制作したテンプレートの仕上がりイメージ(可変領域にデータが差し込まれた状態)を確認します。

- 詳細はこちら

8. 可変領域で使用する画像素材の事前登録(必要な場合のみ)

可変画像として使用する画像素材が確定している場合は、事前に登録をしておきます。
ログイン後、「素材」ページから画像をアップロードします。

- 詳細はこちら

関連記事

はじめてのコーデンベルク

1-1. セットアップ:デザイナー編

1-2. セットアップ:デザイナー編(ウェブ画面)

2. セットアップ:エンジニア編

3. セットアップ:製造リハーサルと公開

4-1. 利用開始後の業務:API運用の場合

4-2. 利用開始後の業務:マニュアル運用の場合

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています