CSV注文(宛名設定した場合の流れ)

コーデンベルクではAPIを使わずに、CSVデータから印刷物を注文することができます。
入稿用のCSVはテンプレートごとに1行目の内容(可変IDの値)が変わりますので都度ご確認ください。

  1. CSVデータの準備
    可変領域の設定(宛名)」の宛名設定後にお渡しするCSV雛形をエクセルで開き、注文データを作成します。
    CSVは1行=1個の注文データとなりますので、例えば、DM200枚の場合は1行目に可変IDの値が入り、2-201行目に注文データが入る全201行のCSVとなります。
    保存形式はCSV(UTF-8)形式です。
    可変テキストはテキストをセルに記述、可変画像は素材idをセルに記述します。
    同じ注文を繰り返したい場合は、同じ行を繰り返しコピーしていただき、また可変領域に何も表示したくない場合は、空セルのままにしておきます。
  2. CSVを使って注文
    テンプレート」ページにてリスト右側の「…」から「テンプレート詳細」ページを表示し、ページ右下にある「マニュアル印刷」ボタンをクリックします
    配送先を入力」で、発注者情報を入力し「可変データを入力する」をクリックします
    CSVファイルをアップロード(100件以上)」のボタンから入稿CSVを指定します(注文が100件未満の場合でも、こちらのボタンから操作ください)

    confirm.png
    CSVを指定後、注文完了画面が表示されたら注文完了となります!
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています