デザインを制作(Webサイトでの設定)

ここではWebサイトでの設定方法をご案内します。

ご利用の流れ  Illustrator
から設定
Webサイト
から設定
お問い合わせ
から設定
1. ベースデザイン制作    
2. テンプレート登録  
3. 可変領域の設定(テキスト/画像/QR)  
4. 可変領域の設定(宛名) ※特定商品のみ    
5. 可変画像のアップロード    

 

1. ベースデザイン制作

プロダクトAIのダウンロード」で入手したAIを使い、ベースデザイン(注文を通して変わらない部分)を制作します。デザイン要素はプロダクトAIの「制作レイヤー」内に配置してください。
layer_seisaku.png

2. テンプレート登録

プロダクトAIに同梱の「書き出しプリセット」を使用し、前項で制作したAIからPDFを書き出します。書き出したPDFは、ログイン後「テンプレート」ページにて「テンプレートを登録する」ボタンからPDFデータをアップロードしてください。

登録済みのテンプレートPDFを差し替える場合には、テンプレートリスト右側の「…」から「テンプレート詳細」ページを表示し、「テンプレートの更新」ボタンをクリックしPDFデータを差し替えてください。

3. 可変領域の設定(テキスト/画像/QR)

Webサイトから可変領域を設定するには「テンプレート」ページにてリスト右側の「…」から「テンプレート詳細」ページを表示し、「可変領域の編集」ボタンをクリックしてください。

可変テキスト・可変画像について

webui.png

  1. 可変テキスト/可変画像の名称
    分かりやすく・重複しない名前をつけてください。名称には和字/英字ともにご利用いただけます
  2. 可変テキスト/可変画像のダミーデータ
    ここで入力したテキスト/指定した画像は、(5)のテンプレートプレビューにて反映されます
  3. 可変テキストの文字設定
    可変テキストの文字設定ができます。「コーデンベルク対応フォント」から利用できるフォント一覧を確認いただけます ※ Webサイトから設定の場合は、コーデンベルク対応フォントのインストールは必要ありません
  4. 可変テキスト/可変画像の配置設定
    可変テキストの幅と高さ(W.H値)は、最大/最小の文字数を考慮し設定してください。設定サイズによっては入稿テキストの文字数により領域から文字があふれてしまうことがあります。あふれた文字は設定した幅で自動的に折り返されるため、その下にあるデザイン要素などに文字がかぶることがありますのでご注意ください

    可変画像の幅と高さ(W.H値)は、素材画像と同じアスペクト比で設定してください。可変画像の設定サイズと素材画像のアスペクト比が違う場合、素材画像は自動的に縮小されたうえで印刷データへ配置されますのでご注意ください

    可変領域の位置(X.Y値)の指定は、Illustrator上で確認できるXY値よりぞれぞれ+3mmした値を設定してください(塗り足し分を含んだ状態での指定になるため)。
    例えば、Illustratorで X=15mm Y=8mm 設定のオブジェクトは、コーデンベルクのウェブ画面では X=18mm Y=11mm として設定してください
  5. テンプレートプレビュー
    登録したテンプレートに対して可変領域を設定した印刷結果をシミュレーションすることができます
  6. 保存
    現在の設定を保存します

可変QRについて

コーデンベルクではユニークなQRコードを自動で印字することができます。詳しくは「QRコードのセットアップ方法」をご覧ください。

4. 可変領域の設定(宛名)※特定商品のみ

後納郵便で郵送する商品は、注文前に宛名設定が必要となります。前項までを準備いただいた後、弊社側で宛名設定を行いますのでサポートまでお問い合わせください。設定完了後、サポートよりお客さまの登録メールアドレス宛に入稿用CSVの雛形をお渡しいたします。 ※宛名設定の自動化は順次開発予定

宛名面の印字イメージは、プロダクトAI内のレイヤー「宛名部分イメージ」でご確認ください。注文後、宛名住所(圧着はがきのみ 出荷管理用のQRコード、ナンバリング、カスタマーバーコード)が加えられ印刷されます。

宛名設定のデータ仕様については「宛名設定について」をご覧ください。

5. 可変画像のアップロード

可変領域として画像を設定している場合は、可変画像をコーデンベルクへアップロードする必要があります。詳しくは「可変画像のアップロード」をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています