QRコードのセットアップ方法

コーデンベルクではユニークなQRコードを印字する方法が2通りあります。

方法A. 弊社のQRコード自動生成機能を利用する場合

準備

  1. コーデンベルクの管理画面あるいはIllustratorプラグインを利用して、テンプレート上にQRコードの画像を差し込む可変領域(画像)を設定してください
    可変領域名は「#QR」(半角英数/半角大文字)と指定ください(QRは大文字で入力してください)複数配置の場合は「#QR-1」「#QR-2」…と指定すると管理しやすくおすすめです
  1. テンプレートを登録するとQRコードの可変領域が設定されます
    「テンプレート > テンプレート詳細 > 可変領域の編集」ページからQRコードの設定状況(サイズや位置など)ご確認いただけます

ご注文時

  1. CSVあるいはAPIで可変データリストを登録する際、各明細の可変領域「#QR」に対して、QR画像を生成する「元」の文字列情報(URLや半角英数テキスト)を指定ください

ご注意ください

  • QRコードは背景透過されているため、背景に濃色や模様など入る場合には、QRの下にQRと同サイズの白色オブジェクトが入るよう調整してください
  • QRコードの画像差込みエリアは、10 mm x 10 mm以上を推奨します
  • 方法Aで生成されるQR画像のサイズは指定されたエリアサイズ内で、上下左右に4セル分の余白を確保します(*)
  • 方法Aで生成できる文字列は最大英数字114文字までとなります(最大文字数を越えた値を設定すると、注文エラーとなりますのでご注意ください)

*QR画像の表示サイズイメージ

QR________.png

※コーデンベルクのQRコード設定は、バージョン「4」、誤り訂正レベル「L」となっております。参考サイト「QRコードの情報量とバージョン

方法B. お客様にてQRコードの画像をご用意いただく場合

準備

  1. コーデンベルクの管理画面あるいはIllsutratorプラグインを利用して、テンプレート上にQRコードの画像を差し込む可変領域(画像)を設定してください
  2. コーデンベルクのWeb画面内の「素材」ページに、使用するQRコードの画像登録してください

ご注文時

  1. CSVあるいはAPIで可変データリストを登録する際、各明細の可変領域(画像)に対して、QR画像ファイル名を指定ください
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています