対応フォントについて

可変テキストとしてコーデンベルクで設定するには、コーデンベルクで対応済みフォントである必要があります。対応フォントについては順次対応しておりますので、ご要望などありましたらサービスデスクまでご連絡ください。

また、コーデンベルクのIllustratorプラグインで可変テキストを設定するには、事前に対応フォントをインストールしていただく必要があります。ご利用前に下記の表を参考にインストールしてください。

コーデンベルク対応のフォント例
フォント名 Webサイト
源ノ角ゴシック(source-han-sans) https://github.com/adobe-fonts/source-han-sans/tree/release/OTF/Japanese

源ノ明朝(source-han-serif)

https://github.com/adobe-fonts/source-han-serif/tree/release/OTF/Japanese
Inconsolata https://fonts.google.com/specimen/Inconsolata
Rubik https://fonts.google.com/specimen/Rubik
IPAexゴシック https://ja.osdn.net/projects/ipafonts/
IPAex明朝 https://ja.osdn.net/projects/ipafonts/ 
M+ P Type-1(mplus-1p) https://mplus-fonts.osdn.jp/about.html
Rounded M+(rounded-mplus-1p) http://jikasei.me/font/rounded-mplus/

※対応フォント一覧についてはサービスデスクまでお問い合わせ下さい。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています